2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

今日のお天気は?

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月25日 (日)

航空業界のニュース

ネットで各社の新聞のトピックスを読んでいると,まあいろいろなことが起きるものだと感心します。かいつまんでみると,

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070224it14.htm
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070223i307.htm
http://www.asahi.com/national/update/0224/OSK200702240023.html
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20070225AT1G2402B24022007.html
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20070224ib01.htm


ところで,私のコンピューターの動きが,目に見えて遅くなってきました。「画像を取り扱っているのでしかたないか」と諦めてはいるのですが,そろそろ部品(メモリー)の増設を図らないと・・・・。サイトの更新の作業では,本当にいらいらが募ってきました。XPは欠点はいくつかありますが,今までのOSと比べて格段によくなったOSだと思います。ビスタは出たばかりだし,雑誌で読むと私には縁のない分野が改善されているし・・・。

携帯電話でも様々な機能が付き,どんどん進化(?)しています。しかし私は未だにカメラのついていない電話を使用しています。使うことのないものを付けられても・・・。また個人的には1ミリでも薄いものが欲しいです。今使っている"PROSOLID"は満足しています。しかし2年経って電池の寿命が短くなってきました。"FOMA"の後継機を候補に上げています。

コンピューターも電話も,もう少し使用範囲を限定した操作のしやすいものを発売してくれないのかしら?これっておじさんの発想なのかな?そうおじさんの発想だ!着メロにも全く関心がないし,電話で画像を送ることもないし・・・。

2007年2月24日 (土)

セントレア情報

昨日までのお天気が嘘のように,今日は朝から快晴!

上空を飛ぶ飛行機もとっても綺麗に見えました。久しぶりに名古屋の御大とセントレアに行ってきました。添付されている写真を見ると,「あっ!これでしばらくセントレアともお別れ!」と思われた方もおられると思います。何でもオープン・スポットを4つ作る工事だそうです。そう言えば,駐車場ばかりか島のあちらこちらで工事をしていました。

画像


この工事のために,今朝の撮影は散々なものでした。地上支援者・自転車・コンテナ等,およそ撮影に邪魔なものばかりでした。まともに撮れたもの?JA09ANとHS-TJGだけというお粗末さ!しかしJA09ANは初めての撮影と言うこともあり,気合いが入りました。

そういえば赤い会社が,エンブラエル170(JLサイト:プレスリリース)を購入するそうな。これは小牧で撮りたいものです。W1付近は厳しい条件となりましたが,それでも南の島よりかはまともに撮れるのでは?是非小牧ベースにしていただきたいものです。果たして?


その後「青い会社」の韓国・中国の航空会社を巻き込んだ戦略が発表されました。青い会社は本当に元気がいいですね。

2007年2月23日 (金)

おったまげた!

久し振りにお金持ちのお話が新聞を賑わせました!

エアバス:A380を480億円超で売却する仮契約
 22日付の米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)によると、欧州の航空機大手エアバスは、世界最大の次世代旅客機A380を4億ドル(約480億円)超で「中東の顧客」に売却する仮売買契約を結んだ。航空機で初めてジャグジー付きのバスタブが取り付けられる予定で、エアバスは「空飛ぶ宮殿」と呼んでいる。

 同社幹部は購入者の名前を明らかにしていないが、中東の国家元首がプライベート機として使用するとみられる。価格は航空機本体が3億ドルで、内装改造費が一億ドル超。2つのダイニングエリア、50平方メートルを超える主寝室、ゲーム室を設置し、ラウンジには砂漠のテントを模した巨大なカーテンが据え付けられる予定。対ミサイル防御システムも搭載されるという。

 同紙は、米国の不動産王ドナルド・トランプ氏が米航空大手ボーイングのジャンボ機を購入した例を挙げ、過去のジャンボ機のプライベート機としての購入額をはるかに上回ると指摘している。(共同)

まるで空飛ぶ宮殿ですね。これならば着陸したくなります。いつまでも飛んでいたい!

2007年2月22日 (木)

今日は

名古屋空港のRW34には,私の尊敬する諸先輩がたくさん集合しておられました。皆様,己の写真には自己主張があり,その話を聞く度に随分勉強になったものです。

そんな中のお一人・・・今では長野在住ですが・・・長野の御大がおられます。私はこの方の行動力には,いささか頭が下がるものがあります。先日書きました"White Crayon氏"と違って,一部分神懸かりなところをお持ちです。

私の今回(今年最初の成田遠征)の場合,西に行こうか?東に行こうか?随分迷いましたが,長野の御大に見える東に賭けました。結果はお天気は上々!私が自分自身で撮りたい飛行機もいくつか飛来しました。神様!仏様!長野の御大!と言ったところでした。

本日更新したものは,私が帰ったあとの2月13日分のものです。個人的には,イラン・パキスタン等撮りたいものがいくつも含まれております。やはり週末には飛来しない飛行機には,おおいに魅力を感じます。

今日の更新で今月を終わりにしたいのですが,はたして?

2007年2月21日 (水)

ため息

あれ程意気込んで撮影したのに,現像が仕上がってきたら余りの下手に・・・。

2月11ー12日成田へ行ってきました。いつもながらコダックの現像は遅いです。やっと今日仕上がってきました。全部のコマを見たのですが,やはり私は写真が下手です。

「下手の横好き」とはよく言ったものです。せっかく東京の御大から貴重な情報を頂いたのに,それに報いることができなかった自分が情けないです。

画像


画像


この機体は(地元の人に聴きます)と,なかなか週末には目にすることは難しいこと?午前中から長野の御大と一緒に撮影していましたが,(冗談で言っていた)ドラゴンがBランに向かって降りてきました。時間的に上がりはきついのですが,撮りたい一心で待ちました。結果が貼付の写真です。

その他のものは,"What's new"でご覧下さい。但しガッカリされると思います。

2007年2月18日 (日)

ご紹介

Uwe Meier氏から最新のショットが届きましたので,ご紹介させていただきます。

画像


画像


画像


自動車だけではありません。ドイツが世界の人々に誇る音楽家Bach,Handelの登場です。彼らにゆかりのあるライプチッヒ・ハレの都市名も書かれています。もう一枚のハンブルグ・ショッピングの派手なこと!

私が週末のお天気に泣かされている間,ハンブルグは晴れ!ハンブルグのエアバス工場で,デリバリーされたばかりのA320,A319,A318が見られるそうです。残念ながらほとんどのレジが,Dレジですが・・・。

2007年2月17日 (土)

祝開港2周年

セントレアが3年目を迎えた。新聞紙上でもセントレアの掲げる問題点を読むことができた。

1 やはり横風
 事前調査以上に西風が吹き,欠航・遅れがニュースになってきた。横風用の滑走路はできる状況にない。書かれていたように「県営名古屋空港」を考えるべきではないだろうか?まるで喧嘩別れをしたかのような気がしてならない。他空港へダイバードするくらいならば,利用者に便利な県営名古屋空港のほうがいいように思うのだが・・・。
 雪対策は,ある程度までは自前になったようだ。しかし不安は残る。何せ最低限度の投資しかしない会社である。除雪に時間がかかる。

2 国際線
 これもアジアを除けば,名古屋空港時代と大差がない。DL,NZ,RG,KLなどの航空機が見られなくなったのは寂しい。特にNZは苦しい。先日成田のBランにて久しぶりにNZの機体(時代が変わってB772)を見た。何とも懐かしい塗装と感じてしまった。欧米からの新規参入がないのは,極めて先の見通しが暗いと感じられる。

セントレアは私にとっては,撮影の厳しい空港である。余程の英断がない限り,この空港での撮影は午前中で終わってしまう。これでは交通費を考えると躊躇してしまいます。儲からないことには投資しない会社である。自慢のデッキからの撮影であるが,見ていると長いレンズを使っておられる方がほとんどである。羽田よりは低いものの,私はどうもデッキ・ショットは好き(陽炎もやもや・向こう側の翼まで見えるなど)には慣れません。

もう一つはやはり海上空港である。湿度が高い!よって雲の発生が高いように思われる。また風も当然陸上よりか強い。これで例の場所前を飛行機が通過しなくなったら,全く意味のない空港である。残念でたまらない。

2007年2月12日 (月)

Cartier

「おいおいどうしたんだ?」と言われる題を付けてみました。

私がF1が好きなことは,このBLOG愛読者はご理解いただけると思います。中でも今は亡きアイルトン・セナのファンです。博打に似た一発勝負の男,アイルトン・セナ!彼の走りが見られなくなって,何かF1が寂しくなりました。

そんなアイルトン・セナを擁した時計メーカーが,Tag Heuerでした。熱烈なるセナ・ファンと致しましては,これを購入する気持ちにもなります。11年前6000シリーズのコンビを購入しました。しかしこの時計,ワイシャツの袖を痛めることが分かりました。

某雑誌にCartierの時計の特集がありました。その中に”何と優美な曲線!”と見付けたのが,サントスガルベ・シリーズです。インターネットで調べると,もう100年以上も基本的なデザインが変わっていない時計。私の悪い癖で,直感で決めてしまいます。さすが今回はコンビは価格が高く,ステンにしました。腕にはめてみて思わずうっとりとしてしまう素敵な時計です。今では仕事用に使っています。

因みに前者は休日用と使い分けています。

休日用の時計をはめ,遠征をしてきました。長野の御大が一緒と言うこともあり,大いに期待した東への遠征でした。2日間とも快晴に恵まれ,今までサポーターの方々の投稿された写真ですが,やっと自分の手で撮れたものがいくつかありました。これもひとへに長野の御大のお陰です。御大は明日まで(火曜日!)成田で撮影と言うことです。こうして二人で撮影に勤しんでいる間,東京の御大は上海・ソウルと(珍しく)お仕事でした。ご苦労様でした。

2007年2月 7日 (水)

厳しい

「赤い会社」の再生計画が発表された。ワン・ワールドに4月(?)から正式加盟を前にして,大変に厳しい計画であるように思えました。

がこの会社の体質の一つに,未だに「親方日の丸」の影がつきまとっているのを感じるのは私だけでしょうか?純民間企業の姿が見えてこないのです。ライヴァルが史上空前の黒字を出している昨今,JJ連合は一体何だったのか?!あの時点で大々的な体質改善をしなかったつけが今になってはっきりと現れているように思います。まあ私のような一介の者がものを言うこともないか!

B747・・・一世を風靡した素晴らしい飛行機です。が,これだけ燃料費高騰の時期にそぐわない飛行機となってきました。そうあの3発機が消えていった頃を思い浮かべてしまいます。必要な路線はあると思いますが,まだまだ退役パースが遅いように思えます。

B737・・・これからの日本の空にふさわしい・・・何十年前に戻ったように思えますが,この小さな飛行機の利用範囲はとっても大きいように思えます。やはり時代は双発機ですね。それにしても「青い会社」のやることは挑戦的ですね。収益率の高いCクラスをたっぷりととった配置には驚きました。まあ身銭を切って乗る方は少ないと思いますが・・・多分にねたみあり!

B767・・・私の身近な飛行機でしたが,最近はなかなか搭乗する機会がありません。これって座席配置を考えると本当に素敵な飛行機です。B777と比べると一昔前の飛行機のように思われがちですが,この座席配置だけは格別です。それだけにこの後に続くB787の座席配置が楽しみになります。私には上級クラスの座席も食事も縁遠いですから。

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »