2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

今日のお天気は?

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月23日 (火)

本日の写真

1:まさか名古屋にアンセット航空が飛来するとは・・・。仲間からの連絡に耳を疑ったもので す。近くで撮ろうと思いましたが。どうしてもうまく撮れませんでした。よって光線の具合が 悪 いのですが,仕方なくRW34撮りました。でも今にして思えば,このショットは貴重なものですね。この会社がつぶれたときも驚きました。

2:ニュージーランド航空。確かこの時はS君もタクシープールにいたと思います。彼の興奮が 伝わってきます。確かに白いのですが,ラインがない!横にいたS君のシャター音!(間違っていたらS君ごめんさい!)この後この機体は,近くの国に移り,我が国に飛来していますね。もう名古屋・セントレアには飛来しませんね。二度利用しましたが,いい国です。

3:コンチネンタル・ミクロネシア航空!これも懐かしい会社ですね。いろいろと形を変えなが ら,今でもセントレアにグアム線を運行しています。親会社からのリースでしょうか?DC-10  の飛来,そして時には親会社のDC-10の飛来もありました。この会社は苦手でした。と言う  のも真横では,主翼が下がってレジがなかなか見えませんでした。

4:同じ会社の懐かしいB727です。3発機の大好きな私と致しましては,B737のジェット音同 様,この機体の離陸の音は大好きでした。時には短いB727も見ましたが・・・。どちらにしてもこの機体は,今我が国では見ることは不可能です。実にいい飛行機でした。最初に乗っ たのもこれでした。

私の独断と偏見に満ちた"One shoy of recollection"ですが,好きなものあるいは思い出に残っている写真をこれからも続けたいと思います。次作は未定です。では・・・。

2007年1月19日 (金)

遠征

「青い会社のB777」を撮っていると珍客が参りました。

「レインボー会社のB777」の慣熟訓練でしょうか,「渦巻き?ドリル?塗装」がRW34の彼方に見えました!「これは思わぬ珍客!今日は運がいい!」

1時間も経たないうちに出発・・・その時に撮ったものです。私にとっては,初めての鹿児島空港・・・とってもいい印象をもちました。第1作の宮崎と言い,九州が大好きになりました。後になって名古屋の御大が,九州にはまっていかれた一因にもなったかもしれません。



子どもが小さい頃,夏と言えば「海水浴」ですね。一度も連れていったことのない久米島に行きました。ここは「赤い会社」系列のリゾート・ホテルがあります。CMで有名な「はての浜」にも連れていきました。

お天気がいいので一人でバスに乗り,空港に行きました。久米島空港は真新しいターミナル!しかしトラフィックは極めて少なく,一度撮ったら1時間以上は暇な空港です。おまけに暑い!撮影を終える旅にカメラバックを持ってターミナルに避難!沖縄には美味しい水があります。今では近くでも買うことができるオリオン・ビールという水です。何度も来店するので,店の人におかしな人物と映ったかもしれません。

このB737は,とっても好きな飛行機です。何と言っても一昔前のジェット音!これはお腹に響くんですよねえ。いい音です。スポット・インとスポット・アウトが楽しめる(それも真横が)いい空港です。私は撮りませんでしたが,RWの向こうは沖縄の青い海です。いいですね。

2007年1月13日 (土)

もう消える!

日本航空の2007年度中の国内路線のうち,廃止される予定のものが発表された。記事に寄れば,採算率が約60%という。

私が驚いたのは,小牧~北九州の廃止である。スターフライヤーを撮りたいために日帰りをした懐かしい路線である。個人的には名古屋~北九州そして熊本~名古屋を利用すれば,温泉巡りができると考えていたのですが。やるならば早めと言うことでしょうか?

今回の路線廃止は,ローカル~ローカルばかりです。

民間企業として利益追求は第一に考えることですが,地方に住む人たちにとっては「時間短縮」できる飛行機の利用が出来なくなることは,辛いと思います。例えば先月私が利用した名古屋~山形を考えてみましょう。飛行機ならば約1時間(実際は行きは45分!),新幹線を利用したら名古屋~東京,乗り換え東京~山形となります。4~5倍の時間がかかります。それ程までして行く気にならなくなります。飛行機の便利さを考えると,ローカル~ローカルも大切だと思うのですが・・・。

消えはしないが,すぐに新しく生まれるもの・・・F1マシン。07シーズン用のトヨタのマシンが発表された。プロ野球のキャンプあるいはオープン戦の時のように,どのチームも優勝するかのような雰囲気?F1の世界は,そんなに甘くはない。しかし実践を積み重ね,マシンの改良は大切なことです。トヨタ・ホンダの活躍にも注目したい。今年のF1は,3月18日にオープンです。

面白い(役立つ?)
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/20070112/20070112_052.shtml



わが家の「ロウバイ」です。
画像

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »