2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

今日のお天気は?

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006年9月27日 (水)

あるサイトについて

私のサイトのリンク集

最初の頃は,目的からいって海外サイトとのリンクをお願いしてきました。特にヨーロッパのサイトを重点的に訪問していました。英語ヴァージョンしか理解できないので,その範囲は狭まりましたが,何とかリンクの許可をいただきました。

ある程度リンクが集まってきたところで,国内へとシフトしていきました。がここで困ったことは,「型式写真」をメインにしたサイトがほとんどないことでした。が情景写真まで広めれば,素晴らしいサイトがたくさんあります。


そんな中で同県のサイトを見付けました。セントレアを中心にした情報・ディジタルカメラを駆使した速報性など,私にとってとても興味深い内容です。さらに管理人様が,小生と年齢も近いと言うこともあり,一層親近感を感じました。小生を違ってサイトのセンスは格段に差があり,見やすく分かりやすいサイトだと感心しております。BBSも賑わっており(これも小生のやる気のなさとは随分違う),管理人様のお人柄でしょうか。

ところが残念なことに,管理人様の言葉の一部をとって他のBBSにて批判を繰り返す輩が出てきたそうです。ですからこのサイトは(一部を除き)閉鎖?BBSも会員制にせざろうえない状態のようです。幸い小生はメールにてIDを取得させていただいておりますが,これはとっても残念なことです。

日本人の特徴の一つに「話し合い」が下手なことです。話し合いは,相手の意見を十分に聞いて自分の意見を述べるのが基本です。そこに私情をはさむと,話はややこしくなります。BBSでの書き込みでは,この点を十分に注意する必要があると思います。


インターネットの基本は,自由閲覧であると思います。自由閲覧であるだけに,訪問者のマナーも大切になってくると思います。


先程述べたサイトを訪問された方の一部にそういったネチケットがなかったのではないでしょうか?詳細なことは分かりませんが,恐らく大きくは外れていないと思います。特定人物への非難・中傷は,少なくとも個人サイトではすべき行動ではないでしょう。私はこのサイトの完全復活を望んで止みません。





2006年9月19日 (火)

私は幸せ

今日は(16日の)代休,久し振りにボケーッとできます。

自分のサイトを持てた幸せ
通信速度が遅い時代から,インターネットの世界に入り込んだ自分。書物と比べると格段の情報速度に驚き,ラジオ・テレビと違って世界がのぞける驚き,今では自分の生活に欠かすことのできないインターネットです。趣味がこうじて自分のサイトを持つようになりました。いつも書くことですが,コンピューター・リテラシー並びにセンスのなさには困ったものです。がしかし、インターネットを通して、自分も情報を発信している喜びは、自前のサイトを持ってみて初めて分かるものです。幸いにも仲間に恵まれ、あるいはインターネットを通して見知らぬ国の見知らぬ人と交流ができるようになりました。


旅の喜びと幸せ
幸いにも多少の経済的な余裕ができ、また海外旅行が比較的安価にできるような時代となりました。「定年になったら旅行をするぞ!」と考えていたら、給料は下がる・年金の支給は遅れるなど、それまで待っている訳にはいかなくなりました。1人の人間でも国の施策に翻弄される時代です。私は「石と煉瓦」の世界に憧れを持っていると書いたことがあります。我が国とヨーロッパは遠いです。旅をするにも体力が必要です。現在のジェット旅客機のスピードは、これからも速くはならないでしょう。時間短縮は難しいです。キリスト教を精神的バック・ボ-ンとした西洋の石と煉瓦の文化に触れることは、大きな喜びでもあります。


家族が健康である喜びと幸せ
これも今の私にとって大変に嬉しいことです。さすが私や愚妻の体は、年相応の弱りを見せてきましたが、3人の子どもたちは健康に過ごしています。「家内安全、心身健康」・・・何物にも代え難い幸せなことです。小さな家ですが、5人の家族が健康に過ごせている今は、本当に幸せです。この家族が、私の全てのベースであります。我が国では人口の約20%が高齢者という数字が発表された。これは世界の先進国の中では、ずば抜けた数字だそうです。確実にやってくる高齢化社会、わが家の健康がいつまで続くのやら?


聴く・読む喜びと幸せ
クラシック音楽を聴き始めて約40年。これだけは歳とともに好みが変わってきました。ただ1点を除いては・・・私の音楽の軸は、W.A.Mozartです。・・・私の中で一番変わらないのが、ひょっとしてこれかもしれません。最近は滅多にコンサートには行きませんが、もっぱらCD視聴で満足しています。古いオーディオですが、まだまだいい音を出してくれます。また書店に行って、興味関心をもつと乱読する喜びは変わりません。聞く耳と読める目には感謝しています。耳が遠くなったり、眼鏡をかけるようになったらどうなるのでしょう。来れも今の大きな喜び・幸せです。


人間不満を言ったらきりがありません。幸いなことに私には数多くの喜びや幸せなことがあります。こうした現状に私は満足しています。私にとって仕事は生活の糧であればいいのです。


「あなたは幸せですか?」

2006年9月10日 (日)

JA8766

今朝の話の続編です。

私が福岡にてお目にかかったのは,JA8717(21/Aug)及びJA8768(22/Aug)でした。貧乏でレンズが短く,機体の短いYS-11は証拠写真となりました。ところで、私がJA8766を撮影した最後は、11/Fev/1998と言う記録がありました。場所は福岡空港(確か名古屋の御大と一緒?RW34:宝満尾ポイント、お天気に泣かされた日でした。)でした。その機体がこのDVDの主役です。
画像


朝日新聞社:「YS-11”栄光の翼”」(\4600+tax)

このDVDは非常に高価なものです。しかし「航空機ファン(貧しいサラリーマン)」ならば,数日の食事を簡素にしてでも購入すべきものだと思います。JA8766による鹿児島~種子島の最終フライトのドキュメンタリーです。

画像の中で,種子島空港をRWに向けタキシング前,エプロンにて360度ターン!そしてわずかですがストップ!種子島の人々にとって,涙が出るほどの演出ではなかったでしょうか?YSの時代は去り,DASH-8の時代に移りますが,種子島の人々にとってはYSは忘れることのできない飛行機であると思います。キャプテンの最後のアナウンスが(意外に)素っ気ない・・・いや素朴であっただけに・・・このフライトの価値があると思います。

私の視聴後の感想ですが,本村栄一キャプテンのラスト・フライト(鹿児島~種子島)を淡々とこなすプロとしての根性。氏は今年定年だそうです。文字通り空の人生の約半分をYSとともに過ごした方です。DVDの最後で氏がプロペラそしてエンジンを優しくなでる姿は,感動ものでした。蛇足ながら、このJA8766はオートパイロットが付いていないそうです。文字通りコックピット・クルーと飛行機が一体となったフライトです。

時間はさかのぼりますが,YSの初飛行・・・名古屋空港・・・の画像は,懐かしい懐かしい名古屋空港でした。戦後国産航空機の初フライトの様子も,何か胸にジーンと来るものがあります。

見たか銀翼,YSの
ニッポン男児が精込めて
創って育てた 国産機
来るなら来てみよ!外国機
日本の空に羽ばたくぞ
ブンブンYS,ブンと飛ぶぞ!

誰が付けたかYSの
何も恥じないこの英姿
雨も嵐も乗り越えて
アメリカぐらいは一跨ぎ,
世界の空に羽ばたくぞ
ブンブンYS,ブンと飛ぶぞ!

2006年9月 3日 (日)

写真撮影(セントレア編)

セントレア詣をしました。

ご存じのように関西空港・神戸空港・長崎空港・北九州空港の4空港は,海上空港です。RWによって,あるいは光の状態によって自由に動ける空港ではありません。(私は行ったことがありませんが,関西空港はRWによっては全く手も足も出ない?神戸空港はRWがターミナルの南側・・・終日逆光?長崎空港は午前中撮影可能?)3月末に行った北九州空港は,午後のみ撮影可能です。

ではセントレアは?悲しいかなRWはターミナルの西側にあります。順光での撮影は,午前中となります。最もスカイデッキに行くならば,話は別ですが・・・。RW36ですとドメは壊滅状態。RW18ですとB767以上ならば,何とか撮影が可能です。セントレアのような海上空港は,制限が多くて撮影が難しいと言えましょう。しかし午前中ならば(大口径レンズは×!),RW36でのインターの定期便,RW18ならばかなりの機体が撮影できます。

セントレアは(名古屋飛行場は別として)一番近い空港です。制限が多いものの,飛行機の写真を撮りたい一心で足を運んでいると言っても過言ではないでしょう。

ただし,RW36で一番のショックはE4を使われると真横は1コマ?2コマ?(G24使用時は×)。RW18では目の前の地上支援車両の行列に遭わなければ・・・。もう一つ,海上空港は結構雲がよく出ます?気象情報は当てにならないことが,今まで多々ありました。

次回の"What's new"は,11日頃を予定しております。上記の(悪い)作例を見て下さい。

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »