2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

今日のお天気は?

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

2005年11月25日 (金)

DHC-8の故障について

どうしてDHC-8の故障が、何度も続くのでしょうか?幸いなことに人身事故はないものの、この機材には不安を覚えます。整備士の人達は大変ですが(凄いプレッシャーだと思います。)、こんなにいろいろなことが多発する機材を購入した選定委員会にも問題があるのではないでしょうか。この機材は、今後も増え続けるようですが、利用する人達に常に不安を与えるようなものであっては。

MD-80シリーズのエンジン総点検は記憶に新しいものがありますが、DHC-8に関しても何らかの総点検を実施して頂きたいものです。利用者には一時的に不便さを感じさせますが、何よりも安全性を第一に考えれば仕方ないと思います。人身事故が起こってからでは遅すぎます。

さて話変わって、まもなく12月となります。振り返ってみれば、今年ほど私を取り巻く環境が大きく変わった年はありませんでした。名古屋空港から中部国際空港への移転!あれほど通っていた空港も夏前のIl-62以来、撮影には行っていません。風の便りによれば、随分と改修工事が進んでいるようです。空港に通う回数は激減しましたし、仲間との一緒の撮影も同様に減りました。週末のお天気が崩れるパターンが続いた時は、落ち込んだものでした。最近の激写はその反動でしょうか?1日しか晴天が望めない時は、朝の数時間セントレアで過ごすようになりました。これもお決まりばかりで、そのうち飽きてくるのでは?。と言って、そうそう遠征ばかりしていては、家から追放されますし・・・。

私を取り巻く環境が大きく変わったのですが、"Japanese Spotter's Site"は、元気です。今までお付き合いして頂いていた仲間の温かいサポートのおかげです。今月は(恐らく)過去最高の更新頻度になると予想されます。今年の締めくくりとして、(お天気がよければ)成田か福岡に遠征をしたいと思います。今年は珍しくよく働いたので、年末有給をとろっと!

広島の事件

広島で起こった小学生殺人事件

過去に神戸・長崎等でも同じような事件がありました。あってはならぬことが、こう度々重なって起こると言うことは、やはり社会のひずみがあるのでしょうか?体は小さいかもしれませんが、立派な人間です。尊い命がまたしても奪われたことに、怒りすら覚えます。学校への登下校中に起こっただけに、(恐らく全国の小学校)その対策を講じる必要が出てきたと思います。防犯ブザーとて当てにならないとなれば、大人の付き添いが必要になってきます。これは多くの人的な支えがなくして出来るものではありません。

警察当局のご努力により、1日でも早く犯人が捕まることを祈っています。どのような感情を持とうと自由だが、それを他に向けることには自制心というものが働くはずです。これが働かないとは、明らかに精神的な破綻をきたしていると思います。第2の事件が起こる前に対処して頂きたいものです。

2005年11月24日 (木)

整備も大変だ

全日空のDHC8、異常表示で引き返し…半年で3回目 
23日午前7時20分ごろ、大阪発高知行き全日空1601便(ボンバルディアDHC8―402型、乗客・乗員44人)が神戸市上空約3000メートルを飛行中、機内の気圧を調整する与圧系統の異常を示す計器表示が出たため、約20分後に大阪・伊丹空港に引き返した。

 同機が故障のため引き返すトラブルはこの半年間で3回目。

 国土交通省大阪空港事務所や全日空によると、高度上昇に合わせ、機内の気圧を上げるが、同機は気圧が十分に上がらなかった。

 同機は16日には離陸後、前輪が格納されず、6月17日にも飛行中にエンジンから漏れた潤滑油が霧状に噴き出して機内に充満、いずれも大阪・伊丹空港に引き返していた。同社は「異常があった部位はその都度、点検、修理し、安全を確認している」と説明、相次ぐトラブルについて「メーカーと連絡を取って調査している」としている。

(2005年11月24日1時30分 読売新聞)

2005年11月21日 (月)

旅客機,購入ラッシュ!本当かな?

ドバイの航空会社、米ボーイングから大量購入・97億ドルに
 【ニューヨーク=藤田和明】アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ政府が100%出資するエミレーツ航空は、米航空大手ボーイングからジェット機「777」計42機を購入する。購入総額は97億ドル(約1兆2000億円)。20日に両社が発表した。ボーイングは中国とも旅客機70機、総額40億ドルの契約を交わしたばかりで、受注ラッシュとなった。

 エミレーツが購入するのは「777」シリーズの「300ERs」24機、「200LR」10機と「フレイター」8機。エンジンはゼネラル・エレクトリック製を搭載する。今回の契約分の最初の納入は2007年以降で、エミレーツは「777」を世界で最も多く保有する航空会社になる。さらに購入分とは別に、追加でボーイングから20機を購入できる権利も得た。

 エミレーツは国際線の増強を経営戦略の柱に掲げており、購入機は欧州およびアジアへの路線拡大に充てる。新興市場への足がかりも狙っている。同社はボーイングか欧州のエアバスから「777」よりサイズの小さい旅客機の購入も検討している。 (11:42)日経新聞

中国、ボーイングから70機購入・対米黒字削減へ追加発注も
 【北京=桃井裕理】中国航空器材輸出入集団公司は20日、米航空機大手ボーイングから旅客機「737―700」と「737―800」を計70機購入する契約を締結した。購入額は40億ドル(約4800億円)。近く80機を追加発注する予定で、最終的な購入数は150機となる。中国は大型商談を通じて対米貿易黒字の削減に努める考えだ。

 新華社によると、今回契約した70機は2006年から08年にかけ、中国国際航空や中国東方航空など航空会社8社に納入される。中国航空器材輸出入公司は近く737型機80機について新たな購入契約を締結する見通し。70―80機規模の一括購入契約は中国の航空機業界で過去最多という。

 ボーイング社の予測によると、今後20年間における中国の航空機需要は3000機以上に達し、世界最大規模の市場となる見通しだ。 (22:36) 日経新聞

米ボーイング、「747」の新型機発表・エアバスに対抗 
【シカゴ=山下真一】米ボーイングは15日、ジャンボジェット「747」の新型機「747―8」を開発すると発表した。すでに日本貨物航空などから18機、50億ドル分の注文を獲得した。2009年にも運航を始める。大型機を重視するライバルの欧州エアバスに対抗する。

 ボーイングは将来は小回りのきく中型機が主流になるとみて、次世代の中型機「787」開発に全力をあげる方針だったが、乗客数400人以上の大型機についても、貨物航空を手始めに需要は十分あると判断した。「来年には旅客機用の注文も入るだろう」(民間機部門のトップ、ムラーリ氏)とみている。(日経新聞)



福岡が熱い!

キティーちゃん、タイ・スカイ(L-1011,B743)とまたまた福岡が熱いようです。画像はBBSをご覧下さい。私想像するに、これは「お祭り」です。昔の名古屋空港に飛来していたならば、(平日であっても)多くの写真家が集うことでしょう。これでも日本経済は揺らがない(当たり前か)。伊丹のエアホース・ワンといい、羽田のプーチン大統領の来日といい、各地の空港が賑わっていますね。

空港に行くたびに思うことですが、本当にデジタル一眼レフ・カメラが増えました。銀塩フィルム・マニアと致しましては、本当に肩身が狭くなりました。撮影直後にモニターにて確認することが出来ることも嬉しいことです。一緒に撮影していると、銀塩派は脚立を降りるとすぐに話し始める。デジタル派は無言で画像チェックをし始める。この対照的な行動は面白いですね。

2005年11月18日 (金)

お勧めの温泉宿(2)

好評につき、続編を書きたいと思います。

4 安田屋旅館
  伊豆の三津浜にある木造二階建ての和風旅館です。湯の質は単純温泉ですが、半露天風呂の檜の浴槽は素敵でした。またこの旅館は、太宰治の「斜陽」の一部を執筆したことでも有名です。その部屋は、人気ナンバー・ワンだそうです。何と言っても小さな旅館で、家族的な雰囲気が気に入りました。建物の老朽化をいかに防ぎ、伝統を守っていくのか苦労させているそうです。富士山が眺められる宿です。

5 紅鮎 
  琵琶湖の北東に位置する尾上温泉にある宿です。近代的な3階建てという私のポリシーに反する宿ですが、何より各部屋にある露天風呂と(長島料理長による)食事が素晴らしかったです。量より質を実感させられるもので、アルコールも進みました。源泉がやや低温なために追い炊きが必要ですが、掛けがなしという点を加味すれば結構なものです。

2005年11月13日 (日)

青も赤も大変だ!

JAC機、機体異常で引き返す…トラブル続きの同型機
 12日午後5時45分ごろ、兵庫県篠山市の上空約1000メートルを飛行中の大阪・伊丹発島根・出雲行き日本エアコミューター2353便(ボンバルディアDHC8―402型機、乗客・乗員41人)が、水平尾翼の昇降舵(だ)の一部に異常が起きたため、伊丹空港に引き返した。

 国土交通省大阪空港事務所によると、同機は機体を水平に保つための微調整装置「ピッチトリム」が動かなくなったという。

 カナダ・ボンバルディア社製の同型機では、大阪―高知間の全日空機で6~10月、エンジンの潤滑油が霧状に噴き出して機内に充満したり、車輪格納庫の扉が閉じられないと表示されたりするなど、トラブルが相次いでいる。

(2005年11月13日0時44分 読売新聞)

2005年11月10日 (木)

残念なこと!

「写真を撮りたい!」「世間を騒がせてみたい」・・・実に困った人が出てくるものだ。自己コントロールのできないのは,子どもだけではなくなったのか?大人って何だ?

羽田空港でゲート破りがあって何が派生しました?あんなに高いテラスにフェンスが,二重フェンスが,コンクリートブロックができました。レンズを入れる数が足りず,取り合いという話を聞いたことがあります。また従来の脚立の高さでは足りず,更に高い脚立を購入と言った,いわばいたちごっこです。今回の成田空港では,普通でも警備員・機動隊の巡視があります。せっかく飛行機が眺められる公園が,南北に出来たのにどうなるのかな?Bランの撮影の丘にいると何度も警備に回ってこられ,ナンバープレートの番号を記録しております。そんなにゲート破りが簡単に出来るなんて,職務怠慢としか言いようがない。

セントレアの振動センサー付きフェンスとても,新しい空港は他の空港を参考に作るものです。フェンスを超えられないよう,高くそれでも心配なので監視カメラ・振動センサ等を設置,ご自慢のようです。

破られたら更に強固にすれば破られない」この論理しか頭にない人間達です。飛行機の写真を趣味にしている者にとって,これほどの迷惑はない!「飛行機の写真撮影を趣味」という文化が日本には不毛なのか!

2005年11月 9日 (水)

これでまた厳しくなる!

検問突破、2警官刺す
男を逮捕、1人は死亡
成田空港で職質受け


中村卓也容疑者が逃走に使った車を調べる千葉県警の捜査員=8日午後5時55分、千葉県佐倉市下勝田で
 8日午後3時5分ごろ、千葉県警の警察官2人が、成田空港の検問を突破した男を追跡中、同県佐倉市の路上で男にナイフで刺された。1人は右脇腹を刺され死亡、もう1人は左腕に軽傷。男はほかの警察官に殺人未遂などの現行犯で逮捕された。

 調べでは、男は自称、同県八千代市大和田新田、無職中村卓也容疑者(34)。死亡したのは成田国際空港署の石塚忠志警部補(48)、軽傷は佐倉署の林敏弘巡査部長(40)。

 調べに対し「捕まるのが嫌で、殺すつもりで刺した。空港へは飛行機の写真を撮りに行くつもりだった」などと供述している。

 中村容疑者は同日午後2時50分ごろ、成田空港第2ゲートで警察官に職務質問を受け、免許証を持っていないことが分かった。警察官が応援を呼ぶと、乗ってきたワゴン車で空港敷地内に侵入、石塚警部補らがパトカーで追跡した。

 さらに空港出口の検問も突破して東関東自動車道に入り、約15キロ離れた佐倉インターで降りた。パトカーにバックで衝突するなどした後、佐倉市下勝田の路上で車を降りて逃げようとした。

 石塚警部補と同僚の巡査長(52)が中村容疑者の両側に立ち職務質問していた際、いきなり刃渡り約6センチのナイフで石塚警部補を刺して逃走。約250メートル先で捕まえようとした林巡査部長に切りつけた後、佐倉署員ら7、8人に取り押さえられた。

 石塚警部補はジュラルミン製防刃ベストを着ていたが、脇腹は無防備。中村容疑者は空港ゲートで職務質問された際、ズボンのポケットにナイフを所持しており「護身用」と説明していた。
(中日新聞)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »