2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

影でゴソゴソ

○ 連日各都道府県のいくつかは,感染者の新記録を更新中,ただ”人口10万人当たり”の数字で(やっと)比較する記事が出てきたのは,多少の進歩か。
 我が市も累積感染者数が,日々延びてきています。ただ大部分は既に感染した人の家族・知人である点が特徴です。目に見えない菌です。用心!用心!

 そんな中,(頼りにならない)野党連合,”臨時国会”の開催を衆議院議長に提出,自民党とも接触を重ねているようです。しかし乗る気はないようです。
 閉会中審議にも出ず,官僚の作文をただ棒読みのいくつかの審議会,一国のリーダーとしての見識を疑います。人任せで済まされる時でしょうかねえ。

 そうそう自民党の森山裕国対委員長は「臨時国会に付託する議案が何なのか定かではない」とインタビューに答えていました。唖然としました。
 各地で起こった水害,全国的に蔓延している新型コロナウィルス,中小企業の倒産など,話し合うことがたくさんあるのではありませんか。

 

   いくつかの新聞社の世論調査によれば,どこも内閣支持率よりも不支持率が上回っています。さらに臨時国会開催の声も高まっています。
 国と地方自治体のちぐはぐなコロナ対策,感染防止と経済回復といったアクセルとブレーキの兼ね具合など,問題は山積しているように思うんですが。

 あの人,自分の都合のいいときは”憲法改正”と熱心に説いています。が,憲法にある”臨時国会”の開催については,憲法無視です。
 これでは首相の権限である”衆議院解散”はできないでしょうね。やれば惨敗?が目に見えています。ならば権力の座から降りなければなりません。

 余談ですが,我が県はコロナ軽症者は自宅療養(約1千人)です。隔離する施設(ホテル・病院)のキャパシティーをとっくに越しています。
 これとて国は知らぬ存ぜず,各地方自治体任せです。某官房長官は,堂々と東京都のやり方を批判していましたね。責任転嫁も甚だしい一例です。

 ここにきて暴露されていること。自民党の改憲案に
”「緊急事態条項」では,〈大地震その他の異常かつ大規模な災害〉が起きた場合,衆参両院議員の任期延長を特例で可能にし(64条の2に新設),内閣が法律と同じ効力をもつ「政令」を制定することが可能になる(73条の2を新設)。”

 大災害に新型コロナウィルスを加え,「国会議員の任期を勝手に延長することも,補償もなく人権だけを制限できるような政令を勝手につくることができる」というもの。
 第9条の改正に熱心なことに加え,このような為政者に都合のいい憲法改正をまじめに考えている。やはりお灸を据える時期になりました。

* もう一つ,例の広島県での買収事件です。自民党から出た1億5千万円とも言われる選挙資金,検察はメスを入れる気があるのかないのか,気になります。

○ 今日の1枚

Dsc_8401

2020年8月 4日 (火)

人それぞれ

○ もうニュース性はありませんが,防衛省がオークションをやりました。何でも続編があるとも聞いています。お上とオークション,その理由は?
 1個4万円?のヘルメットは66万円で落札,世の中にはお金持ちがいるもんです。私から見れば,それだけのお金があったら…。マニアの気持ちは分かりませんねえ。

 

 私,何も66万円でヘルメットを落札した人を非難はしません。世の中には,それだけ出しても是非とも欲しいという人がいるんだと驚いただけです。
 そうそう大昔,電車の椅子に競馬新聞が忘れ去られていました。何気なく除くと,お隣の方が「競馬で儲けようとするやつは多いけど,身上つぶすやつが多い」とね。

 

 人間は面白い動物だと思っています。その人にとっては,生き甲斐であったり,楽しみであったりすることが,他人から見れば疑問符が付くことが…。
 私もその一人です。型式写真のスライドを見て,「そのどこが面白いの?」と聞かれたことがあります。他人には,その価値も面白さも理解しがたいんでしょう。

 

 ここで大切なことは,自分の価値観でもって他人を批判するほど愚かなことはありません。人の好み(趣味),例え家族であろうとも立ち入ることは避けたいものです。但し,死後は…。
 一人の人間が好きでやっていることを他人が自分の価値観でもって批判する,これは間違っています。本人が好きならば,「そういった嗜好もあるんだ」と認めねば。

 

 先のヘルメットの件でも,私には興味も関心もないものです。しかし,お金に余裕があるのならば,これは是非手に入れたいと思うのがコレクターです。
 私なんぞむしろお金の使い方が下手です。「これは安い!」と思って買ってから,時間がそれ程経っていないのに壊れてゴミになることが…。

 

 人生の半分以上が過ぎ去った今,自分の過去を振り返ると何と無駄な買い物が多かったことか。一呼吸置いたら買わないものがたくさんあったような気がします。
 「お金持ちほどお金の使い方を知っている」とも言われます。お金持ちは,(例えば)宝くじのような確率の低いものは,買いませんよね。

 

 まあ抽選日までの夢をもつ,これでしょうかねえ。「買わなければ当たらない」とは名言ですが,懐が寂しい者にとっては…。夢の代金でしょうか。
 また趣味にも人間の欲が絡んできます。人よりもたくさん,人のもっていないものをなど,人間の所有欲がなせるものです。人間,一面では愚かですねえ。

 

 

○ 今日の1枚
Dsc_8474

2020年8月 3日 (月)

なんとかならないのか

○ デスクトップ・パソコン,裏面や横にいろいろな”口”が付いています。ディスプレイ用からUSB・カードリーダーなどついています。
 それだけパソコンからコードが延びていると言う訳です。コードを丸めれば熱をもつ,いくつかを束ねても見た目は決していいものではありません。

 

 タップ式コンセントも一つでは済まない私です。外付けHDDやルーター/モデムまで一つ一つ電源が要ります。そしてその大きさもまちまちときています。
 パソコンから壁のコンセントまで黒いコードが何本も,そしてタップ式コンセントには黒い塊がいくつも差し込んであります。見た目も悪いです。

 

 それに(前にも書きましたが)USBの進化,2.0に対応しているだけのパソコン,3.0の周辺機器を買っても満足な数値を得ることができません。
 USB-C(今のところは携帯電話のみですが)もタブレットでは使えません。便利になっているのでしょうか?カードリーダーもいろいろありますよね。

 

 パソコンに付属しているカードリーダーの読み込みは遅いです。数百枚の読み込みとなると,もっと性能のいいカードリーダーが欲しくなります。
 電源コンセントも不足,USBも不足,いくつあっても不足気味,あーあますますパソコンの裏面は,黒いコードがごちゃごちゃに…。

 

 いっそのことパソコンに予備電源(コンセント)を二つくらい付けてくれないものかしら。USB端子も最低10個くらいは付けてくれいものかしら。
 ノートパソコンならば端子の抜き差しがありますよね。HDDも容量は少ないはず,外付け用にHDDを備える?パソコンを移動させたら…。

 

 パソコンは生活必需品ですが,たこ足配線で非常に見苦しい。また,掃除もしにくい。何かいい知恵がないものかしらねえ。すっきりしたいです。
 もう一つディスプレイの静電気,これも困っています。ディスプレイ用のクリーナー,もっていますが効果が長続きしません。静電気防止のブラシで我慢しています。

 

◇ ここは特に頑張ってもらわないと…。
”スカイマーク,新型コロナウイルス感染の「第2波」に備え,最大で5百億円の資金を確保したた。既存の融資3百億円の返済期限を延長した上で,新たに2百億円の融資枠を設定することで金融機関と合意した。”

 

 

 ガリバー2社に対抗する上でもSKY/BCには,是非とも頑張ってもらいたいものです。ただ悲しいかなここもリース機が多く,リース代が足かせになっているような?
 人やものの動きが活発な時はこれで済みますが,今回のような危機にはもろいとも考えられます。いつまでもつか心配になります。 

 

○ 今日の1枚

Dsc_4617

2020年8月 2日 (日)

何をやっても

○ 新型コロナウィルス感染拡大以前から,日本の財政の悪化はG7の中でも断トツに悪い。財政再建の道は,イバラの道でしょう。借金漬けの日本です。
 新型コロナウィルスとか東日本大震災など大義名分が整えば,湯水のように税金を投入,ますます財政悪化の道を突き進んでいます。

 

 「閉会中審査に応じているから臨時国会は必要ない?」と言いますが,その閉会中に首相が出席したことは???数分の立ちコメントで終わっているのでは?
 まああれだけの悪事を繰り返してきた人です。それに新型コロナウィルスに対する方法も思いつき,人任せばかりが続いています。給料分働けよな。

 

 東京オリンピックまで続ける気持ち?私の予想では,(選手には気の毒ですが)来年夏の開催は無理だと思います。まあ幻の大会となるでしょう。
 生活の糧を奪われた人達,甲子園の道を経たれた高校球児,そして尊い命を奪われた人達など,本当に憎き存在の新型コロナウィルスですが,後には戻れません。

 

 

 さて,ここに来て加藤厚労大臣,「マスクの転売規制を止める」と。これだけ感染者が増え,マスクの需要が高い(ドラックストアの話)この時期に。
 また国民から批判が集まれば,前言訂正(削除)になるのでは?まあダイアモンド・プリンセス号の対処の仕方で(官房長官ともども)ボカスカやられた方ですから。

 

 実は先日近くのドラッグストアにて1箱使い捨てマスクを買いました。以前よりも枚数は減り,お値段は高くなっています。もちろん大陸産です。
 不振なアパレルメーカーを始め,いろいろなところでマスクを販売しています。そのほとんどが「洗えます」と言い,お値段も5百円~1千円もします。

 

 確かに再利用できるのは嬉しいですが,問題はウィルスをどれだけシャットアウトできるかです。アベノマスクと同じでは,身に付けているだけに終わってしまいます。
 そうそう都知事,さすが身の回りに気を使う方ですね。マスク不足の時から見ていますが,まあいろいろなマスクをお持ちです。簡単に入手できる?

 

 連日”一日の感染者”の記録を塗り替えています。暑いですが,マスクは必需品です。私は,20~30分の買い物でも(形だけでも)マスクを着用しています。
 これでまたマスクの買い占め・高額転売が起こることは目に見えています。やることなすこと裏目に出る政府のやり方,うんざりします。

 

 

 国民の感染への不安に目を向ける気持ちがあるのでしょうか。これだけ感染者が増えても「若者中心・医療体制は逼迫していない」との見方,経済優先です。
 経済優先=国民の生活を守る,確かに一理あります。が,いつまでたっても終息が見られない状態を続けるつもりでしょうかねえ。

 

 そして週が変われば,例の4連休の結果が分かってきます。予想ではさらに東京都の罹患者は増え続けると思います。都知事と官房長官の対立,見苦しいです。
 報道では,”段階の判断に用いる具体的な指標づくり”を政府は拒んでいるそうな。今の状態が1週間でも続いたら,今度は無策な政府と批判が出るでしょうね。

 

 

○ 今日の1枚

Dsc_8387

2020年8月 1日 (土)

体力勝負

◇ 4~6月期の低迷から徐々に国内線が戻ってきました。ここに来て全国的な新型コロナウィルス罹患者の増加,飛ばしても空気を運ぶ率が…。
 先日書いたようにこの時期,青組も赤組も1千億円を超す赤字経営です。まあこれに備えての対策は両社ともに行ってきています。

 

 いつ終息に向かうのか誰にも分かりません。いわば”先行き不透明”な状態がいつまで続くのか,両社ともに(国民同様)不安でしょうね。
 2010年の経営破綻,国土交通省の監視?のもとに赤組がやったこと。不採算路線の撤退・B747の売却・貨物部門の整理(専用便の売却)などがあります。

 

 さらにリース機の大幅な減少(40%から10%)です。これが今回のショックで一番効いているように思います。自社機ならばお金が出ていかない。
 路線拡大のためにリース機を増やした青組,飛ばなくてもお金が出ていく訳です。さらに赤組よりは賃金が高い?,人件費の負担です。従業員も当然多いです。

 

 再建を指導した稲森前会長,徹底したのが”収益性と財務の健全性を優先”です。断定はできませんが,今回これが資金調達額の低さに結び付いているのでは?
 資産が少なくとも収益を確実に上げる手法,これは他の企業においても行われています。拡大路線は経済が順調の場合には,確かに効果があります。

 

”(2020年3月)青組と赤組の総資産2兆5千6百億円:1兆8千5百億円,有利子負債8千4百2十8億円:1千9百十4億円,純利益:2百7十6億円:5百3重6億円,自己資本率41.4%:58.9%,リース率31%:10%,資産回転率(回)0.8:1.3”

 

 先にも書きましたが”先行き不透明”な現在,いかに生き延びていくのか企業トップの手腕が問われます。1兆円を越す資金を調達した青組,難しい舵取りです。
 BA/AF/LHのやり方,大型機の売却でコストダウンを図る。UA/DL/AAのやり方,古い機材の売却とリストラをする。遅かれ早かれ世界中の航空会社のやることでは?

 

 そして国際線に関しては,2023年頃には復調するだろうという見方が大勢を占めています。それは対策ワクチンの開発と接種が行き渡るであろう予測からです。
 国際線が運行の大部分を占める,あるいは国際線のみの航空会社が,あと2・3年体力がもつのかが最大のポイントではないでしょうか。

 

○ 今日の1枚

Dsc_8373

2020年7月31日 (金)

日々不安

○ 長引く梅雨の影響で日照不足が深刻になってきています。毎日食する野菜の高騰,菜食主義の私にとっては頭が痛いことです。梅雨開けは?
 あまり食する事のないスイカ,山形での水害で水に浮いているものを見ました。稲も不作でしょうね。収穫の終わったサクランボの木も水浸しです。

 これで日本三大急流のうち二つ(球磨川・最上川)が,同じ年に氾濫しました。何とも皮肉な記録を作ったものです。因みに残りは,富士川です。
 古代より農業をするのに不可欠な水,どうしても河川近くから開拓されていきます。しかし,ハザードマップを見ると危険地域と重なっています。


 水害に新型コロナウィルスと日本全国を襲う2020年,忘れることのできない年です。これだけ国民が苦しんでいるとき,国会は…。
 個人的には,今何を思うかというならば”不安”が一番です。と言って,神様・仏様にひたすら祈ることは,私にはできません。ひたすら自粛です。

 私同様,新型コロナウィルスの終息を願っている人がほとんどだと思っています。国内で新型コロナウィルスで亡くなられた方は,1千人を超えています。
 また一日の感染者も同じ数字が出ています。何が怖いというならば,”潜伏期間が長い(10日~2週間)”であるということです。知らず知らず感染する訳です。

 「三密を避けよ」というならば,もう人口集中している都市では生活は難しいでしょう。外食産業も「もう成り立たない」と言われているようなものです。
 第1波は,緊急事態宣言の効果があったと思います。事実一応の終息に向かっていました。新しい生活様式と言う言葉がさかんに言われるようになりました。

 しかし,ここ2週間ほどの感染状況を見ていると,やはり”不安”が再び浮かんできました。さらに不要不急の外出を控えるも納得できます。
 今一度書きますが,潜伏期間が長いだけに感染が現れるのにタイムラグが出てきます。家庭内感染も増えてきました。もうこうなると生活が混乱します。


 私達の抱える不安を解消してくれる?こと,つきつめればもう社会の崩壊につながるのではないかとも考えます。リストラ・閉店など,暗いニュースばかりです。
 ですから新しい生活様式というならば,(極論)外食産業は成立が難しいです。観光業しかり,人の移動も不要不急を言うならば激減です。

 政府は経済活動を回復させたい気持ちが先に立ち,少々強引とまで思われることばかりです。go to travelも一時中断も考えていません。
 何が正しいかは,誰にも分かりません。しかし,”不安解消”に役立つようなことをやって欲しいものです。逃げかもしれませんが,”籠り”が最上の手か?


 やっと出ました。
”厚生労働省は,新型コロナウイルス感染拡大に関連する解雇や雇い止めが,見込みを含めて29日時点で4万32人になったと明らかにした。7月1日時点で3万人を超えてから1カ月弱で1万人増加した。”

 恐らく"go to travel"を強行しようとする原因の一つでもあると思います。これが最低でも本年中続くと予想しています。企業業績の悪化が止まりません。
 さらに本年度のGDPが,-4%前後と予想され,これをなんとしても維持したい政府の思惑があると思います。これに失業者数が加わると…。


○ 今日の1枚 

Dsc_8420

2020年7月30日 (木)

日々驚き

○ 昨日の朝,娘が随分早く起きてきました。「おはよう,どうした」と聞くと,「セミの鳴き声がうるさくて…」と。なるほどアブラゼミが大合唱をやっています。
 セミはなぜ鳴くか?知っていますか? セミで鳴くのは雄です。雌に自分のいる場所を教えるためにあんなに一生懸命鳴いているんだそうです。

  子どもの頃セミをよく捕らえたものです。しかし,「セミの寿命は短い」と教えられ,直ぐに逃がしてやったものです。カブトムシやクワガタムシも捕らえました。
 年長者の知恵を借り,それらがいる場所(木)を教えてもらいとったものです。これらは虫かごで観察していました。育て方までは知りませんでした。

 今ではカブトムシやクワガタムシは,お店で買うものとなっているようです。最も近所の子ども達と話していると,小動物には興味がわかないようです。
 それに少子化の影響で年長者から知恵を授かる経験も少なくなってきています。子ども=遊びと考えてきましたが,遊びの時間もとれない子どもが増えてきました。

 今の世知辛い世の中,ファーブルのような少年は生まれないんですかねえ。小動物に興味をもつと,ものの見方や考え方が広まり・深まるように思うんですが。
 どうも学び=教科書の図式があるように思えてきます。自ら興味・関心のあることに追究する姿勢が薄いように思います。分厚い教科書がバイブルなのかしら。

 セミの話に戻りますが,セミ獲りに失敗すると手痛い仕返し(私らは,おしっこをかけて逃げていくと)を受けます。何とか捕まえようと知恵を絞ります。
 梅雨明け宣言が間もなくでるようですが,しばらくはセミの大合唱を聞かねばなりません。クマゼミ/アブラゼミの鳴き声が聞こえなくなると,季節は動いていきます。
 

○ 随分前ですが,全国の医師約1千4百人に調査を行ったそうな。その中で「新型コロナウィルスの収束は,ワクチン接種ができるまで続く」という声が一番でした。
 これもご存じだと思いますが,ワクチン開発そして接種となると今年年末~来年春とも予想されています。慌てて開発,後遺症が出るようなワクチンは困ります。

 (提灯持ちの)専門家の言うことは,どうも信頼がおけません。新しい生活様式すらこれだけの感染者増となると,その効果には疑問があります。
 結局のところ,社会全体が潰れるほどの施策(ロックダウン)でもしない限り,いやそれでもウィルス菌は残っている。何をしても上手くいかないような気がします。

 そして今日は青組です。
”ANAホールディングスの2020年4~6月期決算は,営業損益が1590億円の赤字(前年同期は161億円の黒字),純損益が1088億円の赤字(同114億円の黒字)。売上高は1216億円と,前年同期より75・7%も減。”

 赤組よりも会社の規模が大きいけど少ない。8月,国内線の予定便数はかなり戻るようですが,空席がどれくらいでるのでしょう。日本航空の純損益は,同時期1000億円強です。
 沖縄は真っ青!北海道は優等生ですが,他府県から菌をもってこられる可能性だって否定できません。また増加するのでしょうか。


○ 今日の1枚

Dsc_8365

2020年7月29日 (水)

復活は遠い

◇ FR24を見ていると,機影が徐々に増えてきているように思います。しかし,国際線(旅客機を貨物機として使用?)は一部を除き悲惨な状態です。
 国内では"go to travel(trouble)"が始まりましたが,東京都民を除く状態です。その効果は限定的なものではないかと見ています。

  新型コロナの影響を受け業績悪化,倒産に追い込まれた航空会社が海外にはあります。そこまで行かなくても資金難で,政府からの援助が始まっています。
 支出の中で固定費がかなりの部分を占める航空会社,飛行機を飛ばさねば利益を得ることができません。リース代+給料は支払わねばなりません。

 ご存じのようにアメリカのガリバーは,政府との約束で支援を受けると9月まではリストラができません。本格的に始まるのは,10月からです。
 各社千人規模のパイロットの解雇,その何倍もの客室乗務員の解雇,さらには所有機の削減などをすでに発表しているところもあります。

 エコノミストの見るお空の世界は,「完全復帰までには2・3年かかる」と言うのが,大勢を占めています。それでも楽観的な見方ともあります。
 現在でも旅行客の渡航は制限されており,国際線復活はまだまだ先のようです。ましてや現在の我が国の状況を見れば,訪日観光客は期待できません。


”日本航空の2020年4~6月期は,本業の損益が1200億円規模の赤字(前年同期は210億円の黒字)。四半期としての赤字額は12年に再上場してから最大。新型コロナウイルスの感染拡大で乗客が急減。
 新型コロナで国際間だけでなく,国内間でも移動が抑えられ,売上高は750億円前後と前年同期に比べて8割減。国際線の運航率は4月が12%で,5~6月は4%まで低下。国内線も4月中旬から6月中旬まで30~40%。”


 まだ青組の状況は分かりませんが,赤組と似たようなものだと推察されます。まずは国内線の復活(8月ちゅうにどこまで)が待たれる訳です。
 ただ人の移動は,(例の携帯電話キャリアの調査によれば)まだまだ復活はほど遠いもの,そしてこれだけ新規罹患者が増え続けている状況ならば…。

○ 今日の1枚

Dsc_8351

2020年7月28日 (火)

(特に)高速道路では

○ 古い話ですが,高速道路の最高速度が120kmの試験が行われ,一応検証実験は終わったようです。それに伴い全国5区間で順次最高速度120kmが実施されると言います。
 もう一つは,昨日水戸地方裁判所で宮崎文夫被告が起こしたあおり運転の初公判が開かれ,彼は起訴事実を全面的に認めたそうです。


 まず最高速度の引き上げですが,私から見れば「何を今さら」と言った感想です。実態に即していないというか,自動車の進化を認めてこなかったと言うべきでしょう。
 ただ,実施予定の5区間は,120kmを前提に設計された道路ということです。例えば最も古い名神高速・東名高速道路では,最高速度は変わらないと言うことです。

 私なんぞ,力がある軽自動車にも抜かれてしまいます。排気量660ccの軽自動車ですら,もの凄い性能に進化しています。120kmなんて軽いと思います。
 さらに普通車ともなれば,エンジンに余裕があるものが多いです。これまた120kmなんて軽いものです。但し日常生活で経験できない視野の狭さを考えるべきです。

 速度違反ばかりに高速道路交通警察隊は着目しています。建前は交通事故防止,内実は違反金目当て?ですから覆面パトカーが走りまくっています。
 一方では,SA/PAの違法駐車や(追い越し車線)を長く走る大型車などは取締対象外?彼らにとって交通の自然な流れは頭にないと思っています。


 東名高速道路上での停車・追突,死亡事故によりあおり運転が注目されるようになりました。それでも宮崎のような者があとに続いています。
 その後やっと国会で法改正が行われ,あおり運転が飲酒・酒気帯び運転同様に厳しくなりました。それでもあおり運転が減ったとは聞いていません。

 いや飲酒・酒気帯び運転ですら時折ニュースに出てきます。それも警察官が引き起こした事件です。組織が大きいだけにそういった輩がいるんでしょうか?
 あおり運転でも追い越し車線を長い時間走る大型車,法定速度前後で長い時間走る普通車・軽自動車,後ろの車が苛立つ原因です。

 走行車線と追い越し車線と分かれているものの,交通量に見合った道路となっていない場合が多いです。そう言った中,自然な流れを阻害する運転手もいます。
 そう言った人に限って,バックミラーを見ず我が道を行く運転をしています。そうあおられる原因を作っている場合が多いと思います。

 宮崎の事件,ドライブレコーダーの映像を見られた人も多いと思います。あおられた車は,追い越し車線を走っていました。走行車線はガラガラでした。
 別に宮崎の見方をしたり認めたりはしませんが,追い越したら速やかに走行車線に戻っていたら…。あのような事件は起きなかったと見ています。
 最後に私は,「お先にどうぞ」とほとんど走行車線を走るようになりました。高齢者は人様に迷惑をかけるような運転をしないように心がけています。


○ 今日の1枚

Dsc_8326

2020年7月27日 (月)

結局は

○ 週間天気予報を見ていると,火曜日(28日)頃から”雨マーク”が消えております。長い長い,そして実に多くの雨量があった梅雨です。
 それでも不思議なことに,(今年の梅雨)終日雨と言った日は少なかったようです。と言うのも,今月散歩に行かなかった日は少なかった記憶です。

 「梅雨があけたら動くぞ」と念じてきましたが,これだけ新型コロナウィルス罹患者が増えていると,これで再来週後半は,さらに増えている?
 昨日までの4連休の結果が,その頃に現れます。もうどこにでもこのウィルス菌がいるような気がします。否,どこにでもいると思っています。

 三密+マスクも大切ですが,お店・施設のウィルス対策が形だけのような気がします。例えば,ファミマの出入り口は観音開きです。一日数回の消毒?
 あるいはエレベーターのボタン,あれとてもきちんと消毒をしようとしたら,人手が足りないのでは?エスカレーターのベルト,触れませんね。

 ”万全の体制”と言っていますが,私から見ればどこもかしこも不備だらけです。どこにでもいると思われるウィルス菌,不特定多数が利用する場所・箇所は…。
 私のような高齢者+持病持ち,罹患すれば症状が重くなる可能性が高いです。まだまだ生きたいし,長く後遺症に悩みたくもありません。結局自粛生活かあ。

 

 近所の小学生に「夏休みは?」「8月7日~19日だよ」だって。いつもならば7週間あるはずの小・中学生の夏休みです。随分短くなりました。
 まあ学校としては,学習の遅れを取り戻すためにこうなったのでしょう。あの全国一斉の休業措置,その後遺症?が夏休み短縮につながっています。

 子どもが学校に通っていて夏休みが短い,これでは夏の"go to travel"は効果が薄いですね。ましてや東京都民には恩恵がゼロならば…。
 暑い夏の登下校,汗を流しながら,否マスクを着用しての登下校,気の毒ですねえ。自己防衛とはいえ,そこまでやらねばならないのでしょうか。

 事実はどうか分かりませんが,某首相4連休は河口湖の別荘へ行き,ゴルフを考えていたそうです。奥さんと言い,よくもまあ危機意識の薄い人だこと。
 長期政権の記録を樹立,しかしその中身は第1期同様,お友達優遇の日々でした。あの全国一斉の休業措置,文句の言えない学校だからやれたのでは?

 梅雨はあけるでしょうけど,新型コロナウィルスの脅威はいつまで経っても治まりません。まあこれは某首相一人の責任ではないと思いますが。
 しかし,壊れたAFカメラのようにいつもピンがきていない施策,その責任をとることは絶対にしないでしょうね。結局は,選んだ国民が誤っていたと言うことでしょうか。 

○ 今日の1枚

Dsc_8410_20200727004001

«顔芸